外壁塗装をするタイミングの目安は家の劣化で違う!

家を持つとその先に必ず訪れる塗り替えの時期。そのタイミングはどのメーカーも「10年を目安に」と伝えているかと思います。

 

しかし、いざ塗装のことを考えると「まだ大丈夫なんじゃないか?」「早めにしたほうがいい?」といった気持ちも出てきますよね。

 

実はこのタイミングについては一概に10年!とは言い切れないところがあります。

 

なぜなら家の状態によっては10年よりも早く塗装をしたほうが良い場合もありますし、逆にあと数年は時期を伸ばせる可能性もあるんです。


 

外壁屋根塗装のタイミングが家によって違う理由

外壁屋根塗装のタイミングはぶっちゃけ家によって違います。

 

なぜなら、あなたの建っている家の環境と他所の家の建っている環境は全く同じではないからです。

 

家は生き物ではありませんが、置かれている環境はまるで生きているかのように場所によってその姿は変わりますよね。

 

例えば同じ晴れの天気でも地域によっては湿度が高かったり、気温が低かったり、影が多くできる場所だったり、直射日光に長時間さらされやすい場所だったり…。

 

このように環境が違えば当然家の受けるダメージとそれによる劣化具合も変わるため、外壁屋根塗装のタイミングというのはその家の状況・状態によって違うのです。


 

■メーカーの推奨タイミングの最大年数は10年

とはいえ、それでも目安とされる外壁屋根塗装のタイミングというものはあります。それが10年です。

 

家を購入すると必ず10年点検というものが設けられ、そのタイミングで塗装の話しが出てきます。

 

というのも、家を建ててから十分に家を守れる期間が最大で10年だからです。ここで重要なのが十分に家を守れるという部分。

 

確かに環境によっては劣化がそこまで酷くなく、まだ先に伸ばしても良い場合はありますが、それができてもせいぜい長くて5年程度がいいところではないでしょうか。

 

しかし、先延ばしにできたとしても1秒…1分…1日…1ヶ月…1年…と時間が進むとともに、劣化も徐々にだけど確実に進んでいきます。

 

推奨する最大年数は10年ですから、そこから先については十分に家を守れるだけの防御力は決して大きくはないということを念頭においておきましょう。


 

外壁屋根塗装は10年未満でもOK

外壁屋根塗装をするタイミングは10年が目安ですが、それよりも早く塗装をすることは問題ありません。

 

むしろ、まだ大丈夫だろうと先延ばしにしてどんどん劣化が進行するよりも、サイディングやモルタルを使っているお家なら「ちょっと早いかな?」(築7〜8年)くらいの段階で塗装したほうが良い状態が長持ちします。

 

劣化が大きく見えている状態よりも前で塗装をするわけですから、当然きれいは長持ちしますよね。

 

もちろん時期についてはあなたの家の状態によって変わりますから、苔などの汚れや直射日光による色あせ、コーキングのひび割れなど見え始めたら一度ぜひお問い合わせください。


 

■まとめ

外壁屋根塗装のタイミングは基本的には10年が目安ではありますが、必ずしもその年数で塗装をしなければいけないわけではありません。

 

しかし、だからといって10年以上も先延ばしにするというのは家を守るための力が不十分になるため推奨されることはなく、遅くても数年以内には塗装しなおすべきです。

 

一方で、外壁がサイディン築7〜8年くらいたったあたりに検討されても決して早くはありませんし、家の状態・環境によっては最適なタイミングなこともあります。

 

自分の家の状態が実際どうなのかを把握するためにも、気になりだした段階で相談してみてくださいね。

Access

外壁塗装、屋根塗装、その他住宅に関わる全般工事等様々なサービスを行っています

概要

店舗名 Re.house鹿児島株式会社
住所 鹿児島県鹿児島市春山町1513-3
電話番号 099-295-0243
営業時間 8:30~20:00
定休日 火 ※定休日でも対応可能ですのでお気軽にご相談ください
最寄り 鹿児島県内一円対応(離島は除く)

アクセス

お客様の大切なご自宅に合う施工方法を、高い技術力を持った職人が綿密に現地調査を行い、最適な方法による施工をご提案しています。快適な住環境を長く維持したいとお考えでしたら、施工のご依頼をお待ちしています。
Contact

お問い合わせ